脱毛で自己処理の危険性 黒ずみ

脱毛で自己処理の危険性 黒ずみ

ミュゼ 脱毛効果 手(指) 膝上 ワキ 足(指)

 

ムダ毛は気になるけど脱毛エステに行くのはちょっと、とためらう方は自己処理をしていると思いますが、自己処理というのは実は危険がいっぱいです。

 

まずカミソリを使う場合はどうでしょうか。
毛流れに逆らわないと上手に剃れませんよね。

 

でもこれが一番お肌に強いダメージを与えます。
ムダ毛と一緒に角質や、お肌をガードする皮脂までもを削り取ってしまうからです。
結果、お肌は乾燥しやすくなり、場合によっては痒みを伴うこともあります。
またお肌のバリア機能が失われることで、紫外線のダメージをもろに受けやすくなり、シミの原因にもなります。

 

カミソリでの自己処理を繰り返すごとに、お肌のダメージは蓄積され、色素沈着や埋没毛になることもあります。
埋没毛は毛抜きで起きると思われがちですが、カミソリを使い続けることでも起こります。
カミソリの強い刺激から肌を守るために皮膚が分厚くなり、毛が表面に出られなくなるからです。

 

また肌が分厚くなってゴワゴワしてくると、苔癬化(たいせんか)というお肌の病気になることもあります。
これは治すのにとても時間もかかり、非常にやっかいなのでアトピーの方などは特にカミソリを使うべきではありません。

 

カミソリと並んでよく使われるのが毛抜きを使った自己処理です。
これもお肌に対するダメージは大きく、埋没毛だけでなく、肌トラブルの原因になります。
毛穴から細菌が入り込んで炎症を起こす、毛嚢炎になることもあります。
この炎症が元で色素沈着を引き起こすこともありますし、抜くときに毛穴が引っ張り上げられることで鳥肌のような状態になり、見た目も美しくはなりません。

 

カミソリや毛抜きだけではなく、脱毛ワックスや電機シェーバー、脱毛シートについても同じことが言えます。
なぜならこれらは脱毛ではなく、除毛だからです。
目に見える毛に対してだけの一時的な処置にはなりますが、また生えてくるので肌を傷める自己処理をエンドレスに繰り返すことになります。

 

それなら、ミュゼなどの脱毛エステでしっかりと脱毛したほうが安全で確実です。

 

ミュゼの公式HPはこちら!今月のキャンペーンへ