ミュゼ脱毛効果ない!という人必見!ミュゼスタッフ推奨の効果を最大限得る方法

ミュゼ脱毛で効果を最大限発揮したいなら保湿が大事!

ミュゼ脱毛 効果 保湿 大事 

 

ミュゼで脱毛を成功させるのには保湿が大切だということを知っていますか?
保湿をするのとしないのとでは効果がかなり違ってくるようです。
これはミュゼスタッフさんも無料カウンセリングの時におしゃっていました。
ではなぜ保湿が大切なのか、どういう保湿をすればいいのかをご紹介します。

 

なぜ保湿が大切なの?

人間の肌は、普段は常在菌が守ってくれていて弱酸性です。
しかし脱毛をすることで肌が一時的にアルカリ性になると言われています。
アルカリ性になると、悪い細菌が増えやすくなるので肌にとっては危険な状態になります。
そして肌が乾燥した状態だと脱毛の痛みを感じやすくなってしまいます。
反対に肌の水分量が多いほど光やレーザーが通りやすくなるそうです。

 

つまり、保湿をした方がミュゼ脱毛効果が高くなるだけでなく肌自体も健康な状態になれるという訳です。

 

また、肘や膝、ヒップは乾燥や摩擦によって黒ずんでしまうことがあります。
特にデスクワークの人や肘をつく癖のある人に多いようです。
肌が黒ずんでいる箇所は脱毛で避けられてしまうので、黒ずみを予防する意味でもしっかり保湿をして乾燥を防ぎましょう。

 

どういう保湿をすればいいの?

化粧水だけで終わらせてしまうのではなく、水+油。つまり乳液などの油でしっかりとフタをすることが大切です。
反対に乳液だけを塗っても水分不足になるので避けましょう。
敏感肌用の使い心地が良いジェルローションもオススメです。

 

いつ、どのタイミングで保湿をすればいいの?

肌が火傷した状態になっている脱毛後は必ず保湿をしましょう。
タイツなどで摩擦が起きてしまうので冬場は特に注意が必要です。

 

脱毛後ではなくても、普段から夜寝る前やお風呂上がりは必ず保湿をしましょう。
夏場は朝出かける前に、デオドラントスプレーなどではなく、保湿効果のある制汗剤(→人気の制汗剤ジェルはこちら)などを塗ると良いですね。
特にジェルタイプだと効果が高いでしょう。

 

余談ですが、夏場は保湿だけでなく日焼け止めもしっかり塗りましょう。
日焼けも火傷した状態と一緒なので、脱毛を断られる可能性があることを覚えておいてくださいね。
ミュゼ 日焼け 脱毛できない

 

脱毛当日は保湿クリームや制汗剤を使用していいの?

脱毛当日は保湿クリームや制汗剤、日焼け止めなどを塗ることは禁止されています。
しかし乾燥していても脱毛を断られるなら、どうすれば良いのか悩んでしまいますよね。
ミュゼで販売されている保湿専用ミルクローションであれば脱毛直前や直後に塗っても大丈夫だそうです。
ひどい乾燥肌の人はぜひスタッフさんに聞いてみてくださいね。

 

ミュゼの人気ミルクローション

  • ミルクローションモイストプラス(シトラスフローラルの香り)
  • ミュゼ ミルクローション 高保湿タイプ
  • ミュゼプラチナム 薬用アフターケアジェルや、石けん

などが人気です。とても保湿効果が高いと評判のミュゼのオリジナル商品です。もちろん、市販の保湿ローションでもOKだと思います。
しかし、脱毛当日はミュゼ以外の商品は控えたほうがよいでしょう。

 

まとめ

ミュゼ脱毛は効果が多くの人にあるからこそ、全国に185店舗以上支店があるのだと思います。
私自身はミュゼで脱毛して効果がありました。ミュゼが効果がない!という方は、もしかしたら保湿を怠っていたからかもしれません。
もし、まだ通っている最中であれば、ぜひ、「保湿」を意識して欲しいですね。
やり方は簡単です。夜寝る前、朝出かける前に保湿ローションを塗るだけです。一手間かけるだけで効果が違ってくる場合もありますから、ぜひやってみてくださいね!^^

>>ミュゼの公式HPはこちら<<