なぜミュゼ脱毛方が自己処理よりも肌ダメージがすくないの?

ミュゼの脱毛と自己処理とどっちが良いの?

肌が敏感で荒れやすい人は、普段の自己処理でも肌荒れを起こすことがあるため、脱毛に不安がある場合が多いのですが、ミュゼの脱毛は、脱毛前に専用の保湿効果の高いジェルやローションを塗ることで肌への負担を軽減するため、肌が敏感で荒れやすい人でも脱毛ができるようになります。

 

かみそりやシェーバーでムダ毛を剃ったり、家庭脱毛器で抜いたりする方が肌への負担は大きく、乾燥や黒ずみの原因になりやすいため、ミュゼの脱毛をして、自己処理をしないほうが肌のためには良いのです。

 

また、ミュゼの脱毛後には肌を冷やしたり、保湿を行うアフターケアで、肌荒れを防ぎます。

 

脱毛後ってなにをどんな風に注意すればいいの?

ミュゼの脱毛は、肌に優しく、肌に悪影響はありませんが、脱毛後には、肌が敏感になっている可能性があるため、日焼け止めや制汗剤の使用を控えて、帽子や日傘を使って日焼け防止をすることに気をつけましょう。

 

また、脚の脱毛後には、ストッキングやタイツなどで締め付けないように気を付けることも大切です。

 

数日は、お風呂に入った場合には、ぬるめのお湯につかり、脱毛した場所をこすらないようにしてください。

 

脱毛後の肌は、乾燥しやすいため、肌への刺激が少なく、肌に優しい成分の乳液やクリームで保湿をすることもおすすめです。

 

ムダ毛が自然に抜けるまでは、無理に抜いたりせずに、刺激を与えないようにしましょう。

 

剛毛でも脱毛できるの?効果あるの?

ムダ毛が太くて、濃い剛毛の人は、脱毛をしても効果を実感することができるか不安に思うかもしれませんが、ミュゼの脱毛は、剛毛の人ほど効果を実感しやいことが特徴です。
ミュゼの脱毛では、黒い色に反応する光を使って脱毛を行います。

 

毛根部分に密集しているメラニン色素と光が反応して熱が生じ、熱で毛を作る働きがある細胞にダメージを与えるため、脱毛する場合には、光に反応するメラニン色素が多い剛毛の方がいいと言われています。

 

ムダ毛の悩みやコンプレックスがある剛毛の人は、悩んでいるよりもミュゼで脱毛することをおすすめします。

 

自己処理や、除毛は一時的でしかない

ムダ毛のお手入れは、女性にとって身だしなみのひとつとして大変重要です。
おしゃれやスポーツ、旅行などに興味があっても、ムダ毛のことで悩んでいたり、コンプレックスになっていたりすると、消極的になってしまう場合があります。

 

自己処理や除毛をしている人も多いのですが、処理をしたそのときには肌がきれいになりますが、ムダ毛はすぐに伸びてきてしまうため、効果は一時的でしかありません。

 

ムダ毛の悩みから解放されるためには、エステの方がいい場合が多く、プロに任せることで、徐々にムダ毛が薄く、気になりにくくなるため、脱毛エステに通うことがおすすめです。

 

8月はワキ、Vは完了までOK!4か所で300円!

ミュゼ  キャンペーンの詳細はこちら