ミュゼで前日・当日・脱毛の注意点まとめ|脱毛できない人はこんな人

ミュゼ脱毛で知っておきたい・前日・当日の処理と注意点

ミュゼで脱毛する場合、前日までと、当日などで、いくつか注意点があります。
ミュゼ脱毛で効果をしっかりと出すために、よく事前に把握しておくことが重要です。

 

ミュゼ脱毛 前日までの注意点

○前後12時間以内にお酒を飲むこと
飲酒
アルコールを摂取すると体温が上がります。
脱毛での火照った身体を更に上昇させることは避けましょう。
脱毛効果も下がってしまいます。

 

○前後10日以内の予防接種
予防接種
予防接種も体調を崩すこともあるのでこの期間は避けましょう。

 

ミュゼ脱毛 当日の注意点

○当日、脱毛箇所に保湿剤や日焼け止めなどを塗ること
脱毛効果に影響が出る可能性もあるので当日は何も塗らずに行きましょう。

 

○当日の運動、サウナ、入浴、マッサージ、岩盤浴などの汗をかく行為
運動
上記の飲酒と同じ理由です。軽いシャワーであれば大丈夫です。

 

○当日に薬を服用
光に反応すると身体に影響が出る薬もあります。
また、薬を飲む状態であるということは体調不良の可能性が高いので脱毛によって体調の悪化も考えられます。
定期的に服用しないといけない薬がある場合は、予め医師に相談しましょう。

 

ミュゼ脱毛 こんな人、こんな時は脱毛できない

○体調が優れないとき
熱などの体調が優れないときは肌の状態も敏感になり、肌トラブルが起きる可能性もあります。
また脱毛自体が熱を与えるものなので、更に熱が悪化してしまうことも考えられます。

 

○肌トラブルがある
赤みや傷があるとその箇所を避けての脱毛になってしまいます。
それ以上の何かひどい肌トラブルやケロイド体質、光過敏症がある場合は、脱毛自体を断られることがあります。

 

○乾燥している
肌トラブルを招いたり、脱毛効果を感じられないことがあるので脱毛を断られることがあります。
日頃からしっかり保湿をすることが大切です。

 

○持病がある
癌の既往症があったり、感染病、糖尿病や心臓病など日常生活に支障をきたす内科系疾患は断られる可能性があります。
他にも緑内障、薬物アレルギー、アルコール依存症なども含まれます。

 

○妊娠・授乳中
妊娠中
妊娠・授乳中は肌が敏感になったりホルモンバランスによって体毛が濃くなることがあります。
せっかく脱毛をしても効果が出ないことも。
そして脱毛自体が身体に負担をかけるかもしれないので避けましょう。
ミュゼは休会制度があるので、申請すれば、妊娠出産後も通常通り脱毛再開できます。

 

○日焼けをしている
日焼けは肌が火傷した状態になります。
脱毛も熱を与えるので、肌トラブルになりかねません。
軽い日焼けでも断られることがあるので、日頃からしっかり日焼け対策をしましょう。

 

○1ヶ月以内に挙式予定、ウェディングフォトを撮影予定
脱毛によって何らかの肌トラブルが起きると大変です。
結婚式を挙げる前に脱毛したい場合は、予約状況のも考えてゆとりのある予定を組みましょう。

 

○タトゥーがある
刺青、タトゥー部分は照射できないので、脱毛は難しいです。
ミュゼならタトゥー部分から5cm以上の間隔があいていれば脱毛可能です。

 

○生理中のデリケートゾーンの脱毛
衛生面、肌トラブルを考慮して生理中のデリケートゾーンの脱毛は出来ません。
ミュゼならワキや項、腕足などのデリケートゾーン以外は脱毛してくれます。

 

4か所OK!Vとワキは通い放題!ウェブ限定キャンペーン!